風茶房 つのるなか

https://scrapbox.io/kazesabou/「細見綾子・沢木欣一 俳句アーカイブ」よろしくお願いします

映画「土を喰らう十二ヵ月」

「土を喰らう十二ヵ月」、この映画を観たことをブログに書くかどうか、数日迷って、やはり書くことにしました。すでに身近な人にはもれなくオススメしています。

水上勉原案、土井善晴料理監修、沢田研二主演、というので宣伝されていますが、映画はやはり監督のものなので、中江裕司監督、を忘れてはならないと思います。初期の監督作品「ナビィの恋」「ホテル・ハイビスカス」、良い映画でした。その後の映画を観ていないことを後悔しています。

義母が生きていたら「面白かったから一緒に観に行きましょう」と誘ったと思います。そして多分、この映画で私が引き込まれた上質世界のはるか上を知っている義母は、「うちの嫁は何にも知らないし、分かってなくて、この先が思いやられるわ」と思ったでしょう。😅

山菜採りや、筍掘り、旬の食べ物を料理すること、胡麻豆腐を胡麻から作る! 寒いところでの生活、葬式の本来のあり方、老いて死にむかう姿、そういったところから学びがあったわけですが、「学びがあって、そこからどうするか」が鑑賞する楽しさだと思います。

実は、猫がいなくなって、全般的に生活にだらしなくなりました。特に掃除は怠っています。久しぶりに布団に掃除機を掛けました。窓拭きは猫がいなくなってから一度もしていないので相当汚れてしまって、業者に頼もうか(でも高いし…)と迷っていましたが、自分でやることにしました。
ご飯も、もっと丁寧に作ろう。
この気持ちが長く続きますように。