風茶房 つのるなか

https://scrapbox.io/kazesabou/「細見綾子・沢木欣一 俳句アーカイブ」よろしくお願いします

第21回たんば青春俳句祭 入選作品発表!(細見綾子賞)

「第21回たんば青春俳句祭」の入選作品が、丹波市ホームページ上で発表されました。

細見綾子賞については、ここに書かせていただきます。

細見綾子賞【大賞・選者賞・入選】

◇大学生・一般 応募人数607人 応募句数1202句

大賞
霜避けの笹を立てたり丹波の里
兵庫県 今北葵様


選者賞 辻恵美子選
農小屋に住みつく猿や初嵐
岐阜県 塚本富士子様

選者賞 朝妻力選
綾子碑を囲む実生の鶏頭花
奈良県 中川晴美様


入選
家中が真空になる子の昼寝
兵庫県 中井明日美様

冬になり手織木綿の鏡かけ
東京都 生江通子様

禅寺に猪の檻備へあり
京都府 塩見八重子様

噛み当てて間引き菜の根の辛きかな
東京都 島谷高水様

稲穂波寄せくる綾子生家かな
東京都 高井美智子様

水分りに笹舟流す綾子の忌
大分県 小野智輔様

蚕の宮をひと巡りして燕去ぬ
愛知県 豊田紀久子様

稔り田に綾子生家の蔵二つ
兵庫県 酒井房代様


おめでとうございます。㊗️

昨年まで細見綾子賞の選者をなさっていた板倉西逈先生はご逝去されたそうです。謹んでお悔やみ申し上げます。自粛になる以前は、丹波市で行われた表彰式で3度お会いしてお話しさせていただきました。誠実で上品で紳士的な方でした。「僕は必ず会場に来ますよ」と仰っていました。本当にお世話になりました。
板倉先生は「漁火」という兵庫県の俳句結社の元・主宰でしたが、綾子が俳句を始めたばかりの頃に「漁火」にも投句をしていたことは、あまり知られていないようです。
板倉先生が選者をしてくださっていたのは、そんな繋がりがあったからです。
板倉先生、ありがとうございます。安らかにお眠りください。

また、同じく昨年まで選者であった茨木和生先生はご高齢のため、選句をご辞退されたそうです。今まで、ありがとうございました。応募作の中でも綾子を顕彰した俳句に注目してくださり、その姿勢をとても嬉しく感じていました。
まだまだお元気にご活躍なさってください。


ご応募くださった多くの方々に御礼申し上げます。この世情にもかかわらず、昨年と同じくらいの応募数がありました。

その他の各賞は、

第21回たんば青春俳句祭 入選作品発表!! - 丹波市ホームページ

PDFファイルをご覧ください。

リンク先の情報はいずれ消されてしまいますので、必要な方は保存・印刷などなさっていただくのがよろしいかと存じます。

表紙・あいさつ・概要 [PDFファイル/4.35MB]  

細見綾子賞【大賞・選者賞・入選】

 細見綾子賞 結果 [PDFファイル/1.94MB]

 細見綾子賞 選評 [PDFファイル/794KB]

 各部門賞【大賞・優秀賞・入選】

 小学生の部 結果 [PDFファイル/2.19MB]

 中学生の部 結果[PDFファイル/796KB] 

 高校生の部 結果 [PDFファイル/2.22MB]