風茶房 つのるなか

https://scrapbox.io/kazesabou/「細見綾子・沢木欣一 俳句アーカイブ」よろしくお願いします

夫亡くし来るや落葉の水溜り 細見綾子

夫亡くし来るや落葉の水溜り 細見綾子

夫亡くし来るや落葉の水溜り 細見綾子

昭和45年の俳句で、「南ひさ子さん 二句」の前書があるうちの一句です。

綾子自身が最初の夫を若くして喪っていますので、「夫亡くし」という言葉をサラリと使えるのでしょう。

落葉の水溜りはすごく綺麗だったと、そう思います。