風茶房 つのるなか

https://scrapbox.io/kazesabou/「細見綾子・沢木欣一 俳句アーカイブ」よろしくお願いします

十月の声きく何か改たまる 細見綾子

十月の声きく何か改たまる 細見綾子

十月の声きく何か改たまる 細見綾子

平成5年の俳句です。

十月になって思うのは、今年ももう終わりが近付いてきた、ということでしょうか。
でも何かをやろうとすれば、まだ3か月の猶予はあり、たいていのことは出来そうな感じがします。
綾子は何かを決心したか、始めようとしたのかもしれません。

今日は台風の接近した地域があり被害も出ました。心穏やかには過ごせない方々もいらっしゃるでしょう。早く元の生活を送れるようになることを祈っています。

晴れれば十月は気持ちのいい気候です。皆さま、どうぞ良き日々をお過ごしください。

写真は十月桜で、まだ咲き始めの時期です。