風茶房 つのるなか

https://scrapbox.io/kazesabou/「細見綾子・沢木欣一 俳句アーカイブ」よろしくお願いします

いが毬割れて笑みてすべりて落つ栗よ 細見綾子

いが毬割れて笑みてすべりて落つ栗よ 細見綾子

いが毬割れて笑みてすべりて落つ栗よ 細見綾子

昭和62年の俳句で、雑誌『俳句』11月号に「丹波 五句」として発表された中の一句です。(丹波では栗の熟すことを笑(え)むといふ)、との説明もあります。

5句のうちの4句はその後、直しも入り、「丹波 十句」になって句集に収められましたが、このタイトル句は句集に入りませんでした。あまり知られていない俳句と思うのですが、この句を教材に使いたいという連絡をいただいたことがあります。しかし表記が違っていたので訂正をお願いしたところ、また別の間違いが入り、もしかしたら、こちらが確認に使った『綾子俳句歳時記』(東京新聞出版局)が間違っているかもと思いながら、正しい表記を確認できないので掲載を断ってしまいました。

 いがいがわれてえみてすべりておつくりよ

七七五の俳句ですが「いがいが」というのが可愛らしいです。
毬(いが)割れるのも笑みての言葉もすべり落ちる栗も、~ての繰り返しも全部が可愛い俳句です。
丹波栗は故郷の親戚から毎年送られて来ていました。綾子は栗が大好きで、栗に愛情を持っていたと思います。

さて、本日はkazeの月命日。9月に入って3度目のお墓参りに行ってきました。綾子の命日にレンゲショウマの苗を植えまして、その花が咲いていました。

レンゲショウマ 青軸素心

レンゲショウマ 青軸素心

これは中国原産の種で花が白色だけなのが特徴です。
普通のレンゲショウマは花色に紫が入ります。

レンゲショウマ

人気のある花で私も大好きです。
昨年、ベランダに紫色のあるレンゲショウマの苗を鉢に植えて、今年の開花を楽しみにしていました。それは咲かないどころか絶えてしまったようです。(T_T)
写真は昨年、ご近所の鉢植えのものを撮らせていただきました。ところが今年は、そのお宅でも花は咲きませんでした。レンゲショウマはやはり深い山の花なんでしょうね。

墓所の白いレンゲショウマも、来年咲くかどうかはわかりません…。