風茶房 つのるなか

https://scrapbox.io/kazesabou/「細見綾子・沢木欣一 俳句アーカイブ」よろしくお願いします

断腸の花のしとねに眠りたり 沢木欣一

断腸の花のしとねに眠りたり 沢木欣一

断腸の花のしとねに眠りたり 沢木欣一

平成9年の俳句です。

9月6日に妻・綾子が亡くなり、間もない頃に詠まれています。

私が断腸花(だんちょうか)を知ったのは数年前で、秋海棠の別名と聞いたときは意外に思いました。断腸という言葉の強さから、この可愛い花が連想できなかったのです。

欣一は昭和17年、昭和60年、平成5年などにもこの季語で詠んでいますが、その時は「秋海棠」を使いました。全句集を見ると平成9年に詠んだ俳句、ふたつだけに「断腸花」を使っています。タイトル句より先に詠まれたもうひとつの句は、

 役立たぬ夫を許せよ断腸花 沢木欣一(平成9年7月作)

こちらは綾子が生死の境目にいたときに詠まれています。まさに魂の叫びの俳句です。
一方、タイトル句は穏やかな美しい情景が浮かびますが、季語が欣一の思いを伝えています。

「断腸」― はらわたがちぎれるほど、悲しくつらいこと。