風茶房 つのるなか

https://scrapbox.io/kazesabou/「細見綾子・沢木欣一 俳句アーカイブ」よろしくお願いします

白萩の咲けりと声を発したる 沢木欣一

白萩の咲けりと声を発したる 沢木欣一

白萩の咲けりと声を発したる 沢木欣一

昭和55年の俳句です。

声を発したのは妻・綾子ではないかと思います。
当時の庭に白萩があり、この白萩を欣一も綾子も度々、日常生活の中に詠みこんでいます。夫婦に愛された庭木でした。

庭は家族で作り上げるのが素敵です。それをしていたのが欣一と綾子でした。どちらかが好きな植物、二人が好きな植物、それぞれあったようですが、俳句から伝わってくることは多いです。

「白萩の咲けりと声を発したる」に続けて、「そういう君が大好きだよ」と言葉にしてみました。
なんだか泣けてきます。