風茶房 つのるなか

https://scrapbox.io/kazesabou/「細見綾子・沢木欣一 俳句アーカイブ」よろしくお願いします

新型コロナワクチンの1回目を接種しました、そして猫のブラッシング

昨日のお昼に、新型コロナワクチンの1回目を接種しました。
市の広報に従った予約が全然取れなくてTwitterでぼやいたところ、それを見てくれたお知り合いが、近隣の別自治体のキャンセル待ち枠に案内してくれたのです。ファイザー社製ワクチンでした。

スゴク打ちたいわけでも、ゼッタイ打ちたくないわけでも、どっちでもなかったので、そういうフニャフニャした態度だと、真剣勝負で予約取りにいってる人たちには敵わないのですねー。それでも、設定された予約初日には毎回、他のすべてを犠牲にして、電話したりネットの申し込みを試みたり、複数のチャレンジはしたのですけれども…。
打ちたい人には早く行き渡りますように!

副反応はありませんでした。腕も痛くないし、だるさもないし、熱も出ていません。
しいて言うなら、腕を真上にあげると左右で感覚が違うのを感じるのと、眠気が強くて寝坊したくらいです。

それでも一応、用心はしていて、いつも酷使している右腕を庇いながら使っています。
私、乳がん手術をしたときに左乳房と一緒に左脇のリンパ節を2/3くらい取っているので、注射や血圧を測るときや重いものを持つのはいつも右です。

右腕の制限で一番の困りごとは猫の抱っこです。床から猫を持ち上げて抱き上げるのを1日に何度もしているのですが、昨日と今日、それはお休みです。

その代わり、念入りなブラッシングをしました。(念入りはタマにしかやりません)
使っているブラッシンググッズを全部並べてみました。

黄色いのはゴソッと取れますが金属歯が付いているので猫が暴れそうなときは危ない感じで使えないです。
黄色いのと青いグローブは毛は良く取れますが、半分くらいの毛が猫の体に付いたまま残るので、赤いコームで必ず残り毛をすき取ります。時間はかかりますが丁寧にやります。すき取らないと猫が抜け毛を舐め取ってしまいそうなので…。
赤いコームは小回りが利いて使いやすいです。

    


赤いコームと白いブラシは単独でも普段使っています。ほぼ毎日です。
白いブラシは最近、クラウドファンディングで手に入れました。小型ブラシの形状が猫の舌みたいで気持ちいいようです。


猫はブラシされるのに飽きると突然攻撃してきます。柄が長いので私の手が襲われなくて平和になりました。

ブラシと戯れる猫

青いボールみたいなのは抜けた毛を一時保管するためのもので便利です。
フワフワ毛が浮かないし、溜めた猫毛で毛玉ボールを作りやすいです。これ自体で床などの毛取り掃除ができるグッズでもありますし、ボールみたいに転がして遊ぶこともできると書いてありますね。(毛取りとしての性能はイマイチです。うちのこはボールのようには遊びませんね)

 

コロコロは粘着力を他で使って下げてから猫の体に仕上げの毛取りで使えるし、こちらの洋服や床掃除に欠かせません。

さて、ブラッシングだけで満足のわけはなく、結局おもちゃをフリフリしたのですが、左手でフリフリ、猫が疲れてきて動きが緩くなったところを右手で撮影しました。

遊ぶほうが好き

おもちゃは壊れかけです。羽根も取れてヘッドが小さくなっています。小さいほうが俊敏に動くので面白いみたいです。