風茶房 つのるなか

https://scrapbox.io/kazesabou/「細見綾子・沢木欣一 俳句アーカイブ」よろしくお願いします

さみだれ萩てふ名のやさし紅紫 細見綾子

さみだれ萩てふ名のやさし紅紫 細見綾子

さみだれ萩てふ名のやさし紅紫 細見綾子

平成5年の俳句で、句集には入っていませんが『綾子俳句歳時記』(東京新聞出版局)に掲載されています。『風』誌6月号で発表された俳句です。

先日、よく行く公園で発見しまして、花の形は萩だけど今咲く萩って何だろう?と思って帰宅。調べてすぐ宮城野萩(みやぎのはぎ)と判明し、句集で俳句を探しました。
欣一に2句、綾子はこの句だけがありました。

さみだれ萩というのは宮城野萩の別名で夏萩を指します。
今咲いている萩が夏萩と呼ばれていること、そして花色が紅紫でハッとする美しさだったこと。私自身、この2つに感動がありましたので綾子の俳句を選びました。

かつて家にあったそうですが、まったく知りませんでした。
欣一の俳句は、

 夏萩を鉢植にして定年後 沢木欣一(昭和55年作)

 庭先に夏萩旅の思ひかな 沢木欣一(昭和56年作)