風茶房 つのるなか

https://scrapbox.io/kazesabou/「細見綾子・沢木欣一 俳句アーカイブ」よろしくお願いします

水見色茶

昨日から藤井風さんの1st ALBUM『HELP EVER HURT NEVER』を聴き続けていますが、全曲最高で曲によってテンションが上がったりリラックスしたり、泣きたくなったり、心が洗われるようで、素敵な音楽をありがとう!って叫びたいです。


私は珈琲が一番好きな飲み物なんですが、他のお茶も飲みます。
熟睡のため、今はカフェインを摂取する時間と量に制限をかけています。煎茶だと珈琲の半分くらいのカフェイン量なので、朝一番は必ず珈琲ですが、午前中は煎茶を飲むようになりました。ネットスーパーで一番高いお茶を買ったんですが、たいしておいしくなかったんですね。どうせなら「すごくおいしいお茶」を飲みたいと思って、ひさしぶりに取り寄せてみました。

水見色茶

静岡のかつやま製茶の水見色茶です。
ここのお茶は、旧宅で俳句雑誌「風」を発行していた頃にたくさん届けていただいていました。「風」の同人だった勝山さんのご家族のお茶農家です。
2006年、kazeと一緒に訪ねたことがあります。同じく「風」の同人で「伊吹嶺」の同人でもあった夏目さんご夫妻は勝山さんのご親戚で、夏目さんの製缶工場を訪ねたあと、案内していただいたのです。6月、気持ちのいい季節でした。

写真には極上茶が写っていますが、普通のお茶でも十分おいしいです。くき茶も買いました。

極上茶は低めの温度で淹れて、2煎目のあと、茶葉を食べたりします。いい新茶の茶葉は渋味と旨味の最高峰だと思います。

写真のお茶缶は夏目さんのところのものです。ひとつずつ、和紙を手早く貼っていた悦江さんの姿を思い出します。急須はkazeが販売していた九谷焼の在庫、湯呑みは益子焼の在庫、懐かしいものを集めて撮りました。