風茶房 つのるなか

夫(kaze777)を亡くして猫と暮らしています。写真と珈琲が好きです。細見綾子、沢木欣一の俳句のことなど。

冬薔薇紅く咲かんと黒みもつ 細見綾子

冬薔薇紅く咲かんと黒みもつ 細見綾子

冬薔薇紅く咲かんと黒みもつ 細見綾子

昭和29年の俳句です。

私にとっては、薔薇を「そうび」と読むと知った印象的な俳句です。
『自註現代俳句シリーズ 細見綾子集』では、「冬薔薇は真くれないに咲こうとしてまだ黒ずんでいた。それを見ると薔薇は冬がいいと思う。」と短く書いていますが、「真くれない」に引っかかりを覚えました。深紅とは違うのです。
悩んだところで綾子の著書『俳句の表情』(求龍堂)に、より詳しく書いた文章を見つけました。

 冬の薔薇はつぼみの時間が長い。紅く咲こうとしてまだ黒く包んでいる蕾。冬の薔薇は黒を経て紅く咲きいづるのであって、それは、はじめから紅いものとはちがっていた。それを見ると冬の薔薇をいいものだと思う。
 金沢の冬の日光の乏しさが一層冬薔薇をつつましくしていたのである。

色に言及している俳句の写真は深く悩みます。
この句については、偽物ではダメで本物を目指そうと思いました。
写真を見てくれた人に、綾子の感じた世界を伝えたいのです。
文字だけだと深読みしたくなる俳句ですが、そうではない、そのままの感動を詠んだのだと思ったからです。

水仙うなづき廃墟に人間信ずる眼 沢木欣一

水仙うなづき廃墟に人間信ずる眼 沢木欣一

水仙うなづき廃墟に人間信ずる眼 沢木欣一

昭和30年の俳句で、「正月、大阪誓願寺に詣で 七句」の前書があるうちの一句です。

大阪誓願寺井原西鶴の墓があることで知られています。
単独での解釈は難しいですが、七句全部を鑑賞して、私でもぼんやりと見えてくるものがありましたので七句を記します。

 西鶴伏眼瓦礫に水仙灯る如

 水仙うなづき廃墟に人間信ずる眼

 仙皓西鶴冬日明鏡研ぎ研ぎて

 樒の実割れば紫指に沁み

 墓隣りチヤリンチヤランと凍ての筬

 凧手繰る墓の背後の市街より

 冬の水人間臭の棕梠のもと

大阪誓願寺は空襲で焼け、昭和39年に本堂を再建したそうです。
欣一が訪ねた昭和30年では、荒れた状態だったのでしょう。
欣一は『自註現代俳句シリーズ 沢木欣一集』で、7句目の「冬の水…」の句の解説を、次のように書きました。「大阪の誓願寺西鶴の墓に詣でた。墓は戦災に焼けただれていた。境内の棕梠を生まぐさく感じた。」

廃墟も瓦礫も、現在の大阪誓願寺では見ることが出来ませんが、境内に水仙の花が咲いているらしいことはネットの検索でわかりました。

水仙の切り時といふよかりけり 細見綾子

水仙の切り時といふよかりけり 細見綾子

水仙の切り時といふよかりけり 細見綾子

昭和47年の俳句で、「越前岬 二十七句」のうちの一句です。

越前は水仙の名所で、『自註現代俳句シリーズ 細見綾子集』に、綾子は次のように書いています。

越前岬の水仙を見たいと言っていたら、年の暮になって「今が切り時だ」と知らせて来た。「水仙の切り時」という言葉がうれしかった。

品質の良い越前海岸産の水仙は、花の盛りとなる年末に全国に出荷するために収穫されるのです。それは出稼ぎに出る夫を待つ女たちの仕事でした。
綾子は越前へ出向き、水仙を生活の糧とする女たちの労働と、越前海岸の自然を詠み込んだのでした。27句中20句で「水仙」の言葉が使われています。

写真は句作の背景と切り離し、この俳句単独でイメージしたものです。
例えば庭のような身近な場所にある水仙を、家の中に飾るために切る、というような、誰にもあり得る情景です。

※【参考】

「越前水仙」は、品質の良い越前海岸産の花卉である水仙のブランド名で、植物学的には、ヒガンバナ科スイセン属のニホンズイセンである。一般的に、単に「すいせん」と言うと、ニホンズイセンの他にもバルボコスイセンやラッパズイセンも含んで、スイセン属を指す場合が多い。

織田文化歴史館 越前水仙のページよりhttps://www.town.echizen.fukui.jp/otabunreki/panel/15.html

なづな粥泪ぐましも昭和の世 沢木欣一


 なづな粥泪ぐましも昭和の世 沢木欣一

平成元年の俳句です。

昭和64年1月7日に昭和天皇崩御、その日の午後に新しい元号が発表になり、翌日の1月8日からは平成になりました。
大正8年生まれの欣一ですから、昭和の歴史と共に生きたと言ってもいいと思います。(亡くなったのは平成13年ですが)
戦争体験や貧しかった時代のことなどを一瞬で回想した句に思いました。

なづな粥は薺(ナズナ)だけの粥ではなく、七草粥を意味しますが、欣一や綾子の俳句からは近場の野川や谷保へ、芹や薺を摘みに出かけたことがわかります。当時は八百屋で「七草粥セット」のようなものは売っていなかったのでしょうね。摘みに行くことが楽しかったのですから、自前では7種7草は揃わなくても構わなかったのでしょう。

綾子に、こういう俳句があります。

 七草粥夫がもつともよろこびし 細見綾子(昭和60年作)

そうなんですね、と微笑ましいです。
kazeは特に七草粥にこだわることはなかったです。一緒に食べたのは、当時はセブンイレブンで売っていた七草粥です。だから、我が家の七草粥を継承していません。
ただ、kazeはお腹が弱かったので、壊す度にお粥を作りました。
冬瓜をすりおろしたり、トマトでだしを取ったり、かなり工夫しました。
野草摘みは、何度か春に蓬の若葉を摘みに行って、kazeが草餅を作ってくれました。
いい思い出です。

写真はこれしか撮れなかったので、俳句のイメージとは合いませんけれど、私が本日の昼に食べた七草粥です。
卵入り雑炊風ですが、とてもおいしいお粥でした。

七草粥

この先、俳句にふさわしい写真が撮れたら差し替えます。

初夢やさめて匂ひの残りゐる 細見綾子

初夢やさめて匂ひの残りゐる 細見綾子

初夢やさめて匂ひの残りゐる 細見綾子

昭和7年の俳句で、立風書房から出た『細見綾子全句集』(昭和54年発行)に補遺(句集未収録作品)として掲載されました。

昭和7年作⁉ と驚きながら、当時24歳の綾子はまだ若いけれど、最初の夫と父母を亡くしており、夢見る女性ではなく、現実的に生きざるを得ない精神性を持っていたと考えられます。
自分の見た夢について考えることは、ある種、現実逃避だと思うのです。
私自身が夫を亡くし、繰り返し見た「実は生きていたんだよ」という夢は、身体中を駆け巡るほどの多幸感で、下手すれば1日中、ぼーっとしてしまいます。
私は夢の匂いまでは感じたことはないのですが、綾子がどんな夢を見たのかはわからなくても、夢に引きずられる感覚は理解できます。まして、初夢ですから。

イメージの広がる俳句ですので、写真は自由に撮らせてもらいました。
正直、「何を撮るか」、相当悩みました。

群羊の一頭として初日受く 沢木欣一

群羊の一頭として初日受く 沢木欣一

群羊の一頭として初日受く 沢木欣一

昭和42年の俳句です。

代表句のひとつと思っています。一度鑑賞して、すぐ憶えました。「群羊」は普段使いの言葉ではないけれど、印象が強くイメージが湧きやすいからです。
次の未年では先過ぎるので今年、掲載することにしました。

『脚註名句シリーズ 沢木欣一集』の、畑中とほるさんの解説を引用します。

この句欣一の数え四十八歳の歳旦吟である。欣一は未年生まれなので、人生五十近くになってもストレイトシープである思いが深かった。「群羊の一頭」という言葉はかなり工夫したつもりだが、俳諧連衆の一員であるという意識を表したかったという。(畑中とほる)

ー『脚註名句シリーズ II-14 沢木欣一集 栗田やすし編』( 公益社団法人 俳人協会発行)より

歳旦吟(さいたんぎん)はこの場合、元旦に詠んだ俳句のこと。
群羊(ぐんよう)は、多くの羊、または、多くの弱者のこと。
この俳句は、欣一自身のことを詠みましたが、普遍性があり、様々な立場の人が共感を覚える句です。迷える羊は私たちであり、それでも新年は明けました。

写真は、本日、夜明け前に撮影に出掛けましたが、kazeの写真を超えることが出来なかったのでこれにしました。この俳句のために撮った写真であるように思います。細かいところまで見ていただきたいです。小さくて見にくいですよね。それがまた、この俳句にぴったりだと思います。

kaze777、平成16年(2004年)に撮影です。

うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子

うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子

うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子

昭和48年の俳句です。

綾子俳句に年の暮を詠った句は多く、どれを載せるか、迷いました。写真も迷って、両方を突き合わせて、まずkazeの撮ったこの写真を使うことに決め、写真に合わせて句を選びました。

綾子が年の暮を「うららか」と詠った俳句は他にもあって、「年末は慌ただしく忙しい」と言われることが多い中で、綾子の心持ちの豊かさを素敵に思います。
通常とは違う時間の流れ方をする年の暮は、確かに日常を捨て去ることのできる一瞬も現れます。
「もういい」「これでいい」というような。
そういうキッパリした明るさを、この写真から感じていただけたら、選んだ者として嬉しく感じます。

写真は平成22年(2010年)、kaze777撮影。
旧ブログでも使いましたが、今回はより大きなサイズで掲載です。