風茶房 つのるなか

夫(kaze777)を亡くして猫と暮らしています。写真と珈琲が好きです。細見綾子、沢木欣一の俳句のことなど。

紫苑咲き紫苑の空となりゐたり 細見綾子

紫苑咲き紫苑の空となりゐたり 細見綾子

紫苑咲き紫苑の空となりゐたり 細見綾子

昭和57年の俳句です。

紫苑の花の実物を、私は今年初めて見ました。そのときの写真は綾子の俳句を知らずに普通に撮ったので使えず、俳句を記憶して、今度見たら、俳句に合った写真を撮ろうと決めていました。
そして今日、いつもは歩かない道をたくさん歩いたおかげで紫苑を見つけたのです。

この俳句のすごいのは、何の花でも当てはまりそうに思うけれど、紫苑こそが、いえ、紫苑だけがピタリとハマるところです。
草丈の高さ、小花が群咲く咲き方、薄紫の色、やさしい音の響きの名、漢字の美しさ、その何もかもが「空となる」方へ向いている、そう思いました。
美しい句です。

手を拍つて鯉をはげます十三夜 沢木欣一

手を拍つて鯉をはげます十三夜 沢木欣一

手を拍つて鯉をはげます十三夜 沢木欣一

昭和46年の俳句です。

「拍つて」の読みは「うって」です。
この句については『自註現代俳句シリーズ 沢木欣一集』(社団法人俳人協会)に、こう書いてあります。
「わが家の隣人は、昔大本営参謀の旧軍人、池に鯉を飼っている好人物。」
私が存じ上げているのは、この方の息子さんからですが、kazeの代になっても、kazeが亡くなっても、やさしくしていただきました。百日紅のあるお宅です。

詠われた情景が思い浮かび、手打ちのリズムが俳句のリズム感と相まって、軽快な印象を与えてくれます。好きな句です。

Twitterを見ていて、今日が十三夜だと知りました。鯉の写真はこの句を思い描いて撮ってありました。

朝顔に水やる日課息災に 沢木欣一

朝顔に水やる日課息災に 沢木欣一

朝顔に水やる日課息災に 沢木欣一

平成12年の俳句です。

朝顔に水をやっていたのは誰なのか、「息災に」と声を掛けたくなる相手なのでしょう。

綾子の平成5年の句で

 朝顔に水をやること朝一番 細見綾子

というのがあって(句集には入っておりません)、これは綾子自身がやっていたのかな?と思わされます。

図らずも、欣一俳句と綾子俳句の違いがわかります。
欣一は知的過ぎたので思想や評論で評価されていますが、俳句も見直してもらいたいです。

柿の朱を点じたる空こはれずに 細見綾子

柿の朱を点じたる空こはれずに 細見綾子

柿の朱を点じたる空こはれずに 細見綾子

昭和39年の俳句です。

この句は単純に理解したつもりになっても、深く考えると、どういう写真を選んだらいいのか、迷いました。具体的に言うと空の面積です。広くなくてはいけないのか、と。

偶然にも、今日、福原信三という人を知りました。
株式会社資生堂の初代社長です。(前身の資生堂薬局は信三の父親が創業しました)
信三は写真家でもあり、日本近代写真の黎明期に「写真芸術」の確立をめざして活動しました。論文『光と其(その)諧調』(1923年)で多くの写真家に影響を与えたそうです。 その主張の中に「構図優先でいいのか?」というのがあり、いたく感銘を受けました。 まず「光」だそうです。当たり前だし、今更の主張なのですが、構図で選びがちなんですよね。 。

また、信三は芭蕉の句を用いて、「写真芸術は自然を端的に表現する俳句の境地に近い」とも言っております。

秋の薔薇小さくなりぬ亡き人に 沢木欣一

秋の薔薇小さくなりぬ亡き人に 沢木欣一

秋の薔薇小さくなりぬ亡き人に 沢木欣一

平成9年の俳句です。

この年の9月に妻・綾子は亡くなり、その後に作られた句です。
庭の薔薇を詠んだと思っています。欣一は薔薇の苗をいくつも買ってきて植えました。その中で病害虫に負けずに唯一残ったものです。花は夏と秋と冬に咲いていました。

写真は平成21年(2009年)に庭で撮りました。
欣一はこの色と小ぶりな花の大きさを、品がある、一輪挿しに合う、と言って愛でたそうです。

毎年、欣一の命日の供花は薔薇と決めています。

夜の稲架の甘き香を子の寝床まで 細見綾子

夜の稲架の甘き香を子の寝床まで 細見綾子

夜の稲架の甘き香を子の寝床まで 細見綾子

昭和30年の俳句です。

金沢に住んでいた頃で、子はkazeのことと思います。
綾子が「夜」を詠うとき、妖しさ、艶めかしさが出るのはどうしてでしょう。
子供が夜の魔王にさらわれてしまうのを恐れたようなイメージを持ちました。

稲架の全体の写真だと香り立つイメージが出せず、寄って撮った写真を使いましたが、
実際に稲架に掛かっている稲穂です。全句集の「あとがきに代えて」に書かせていただいた場所で撮りました。ここには、今も時おり行っています。

こぶしの実赤くやさしく窯の裏 沢木欣一

こぶしの実赤くやさしく窯の裏 沢木欣一

こぶしの実赤くやさしく窯の裏 沢木欣一

昭和60年の俳句で、「益子、生井慶子さん窯 三句」のうちの一句です。
先日、紹介した「登り窯そば畠の白過ぎてより」に続く俳句になります。

この写真は平成19年(2007年)に自宅の庭で撮ったもので、当時、kazeにものすごく褒めてもらいました。Canonのカメラ一式はすべて手放してしまいましたが、写真が残っているのだからいいか、と思います。カメラやレンズはその気になれば買い直せますけれど、庭や庭木は永遠に戻って来ませんね。

kazeが「書く」と言っていて、書かずに逝ってしまったことは数多くあります。中でも、シャッターチャンスについての記事は、書き残して欲しかったです。
まあ、だいたいはわかります。一緒に写真を撮っていましたから。
それが何よりの財産ですね。