風茶房 つのるなか

夫(kaze777)を亡くして猫と暮らしています。写真と映画と珈琲が好きです。細見綾子、沢木欣一の俳句のことなど。

溝萩を持つがならひの墓参り 細見綾子

溝萩を持つがならひの墓参り 細見綾子

溝萩を持つがならひの墓参り 細見綾子

昭和49年の俳句です。

井の頭公園を熱心に散歩するようになって、初めて溝萩を知りました。水辺などの湿地の植物です。
調べてみると秋の季語になっていて綾子が俳句を詠んでいました。しかし、全句集の季語索引には載っていません。十薬(どくだみ)と同様、抜け落ちだと思われます。
季重なりがあり、「露」や「墓参り」を季語にしている句もありますが、季語が「溝萩」しかないものは索引からは引けないのです。申し訳ありません。

溝萩を地方によっては盆花としていて、花に水を含ませて精霊棚(盆棚)に置いたお供え物に水を振り掛けてお浄めするそうです。(地域によって、やり方は異なります)
検索すると、綾子の故郷の丹波でもこの風習はあるようです。

真つすぐに水引草の無欲な線 沢木欣一

真つすぐに水引草の無欲な線 沢木欣一

真つすぐに水引草の無欲な線 沢木欣一

昭和56年の俳句です。

俳句へのコメントが書けないので写真のことですみません。
白の銀水引でやりたい気もしましたが、「無欲」とイメージが直結するので、どうしようかと迷い、赤→白→赤→白→赤と撮って、とにかく真っすぐな感じが伝わることを第一に選びました。

こうしてブログを書いていて初めて気付くこともあり、「無欲」は綾子のことだったのかな、と。

白木槿嬰児も空を見ることあり 細見綾子

白木槿嬰児も空を見ることあり 細見綾子

木槿嬰児も空を見ることあり 細見綾子

昭和25年の俳句です。

  しろむくげえいじもそらをみることあり

木槿の俳句は綾子にも欣一にも多く、特に白木槿を詠んだ句が多いのです。
ですが、木槿の俳句で、まず取り上げたいのはこの句でした。
理由は、この句の嬰児とはkazeのことだからです。綾子や欣一が家族を詠んだ俳句はすべて大好きです。欣一がkazeの前の奥さんを詠った句も好きです(笑)。

この俳句から、私は薄暗い空を思い浮かべます。少し眼が見えはじめたかの頃の嬰児に眩しい空は見られないだろう、という理由もありますし、昭和13年作に

 木槿木のさびしさが花にまで 細見綾子

の俳句があるように、綾子の感じていた白木槿のイメージは決して明るくはないと、全体から感じてしまうのです。嬰児が見たのが「空」だから、ですかね。母である自分ではなく、赤ん坊にして世界を見ていた。それを感じた自分。という連想です。そう思うように導かれていますよね。

※下線部は「自註現代俳句シリーズ 細見綾子集」の自註によります。

猫じやらし赤毛と青毛ありにけり 沢木欣一

猫じやらし赤毛と青毛ありにけり 沢木欣一

猫じやらし赤毛青毛ありにけり 沢木欣一

平成7年の俳句です。

撮影場所は結構探しました。探す気にさせる欣一俳句の力です。

俳句は客観がいいし、写真は主観がいいと思っています。
そして、初心者の俳句は主観的で、初心者の写真は客観的、かな?(例外もあるけど)
私自身は迷走中です。

4月から始めたカメラを持ってのお散歩ですが、環境に恵まれているせいか、徒歩圏で植物や動物にどんどん出会えます。最近はトンボがたくさん撮れて楽しいです。
写真が溜まり過ぎたので、Twitterでお気楽に発表していきますね。

秋立つと朴の葉裏を返す風 細見綾子

秋立つと朴の葉裏を返す風 細見綾子

秋立つと朴の葉裏を返す風 細見綾子

昭和51年、箱根で詠んだ俳句です。

武蔵野の自宅の庭に朴の木は2本ありましたが、綾子も欣一も、他所で見ると朴の木を詠んでいます。
朴の木は花も含めて、旧宅で山のように撮りましたが、この写真は今日撮ったものです。暑い日だったけれど、確かに、一瞬、気持ちの良い風が吹きました。

立秋の雲を詠んだ俳句が綾子にも欣一にもあり、空の様子によっては雲を撮ろうと思っていました。でも、今日の東京の雲はちょっと違うかな?と思いました。

 急ぐ雲急がぬ雲に秋立てり 細見綾子(昭和51年)

 秋立つやにはかに増ゆる雲の数 沢木欣一(平成4年)

お住まいの地域の今日の雲は、言葉にすると、どんな雲でしたか?

夏の果子連れの猫の立ち去りぬ 沢木欣一

夏の果子連れの猫の立ち去りぬ 沢木欣一

夏の果子連れの猫の立ち去りぬ 沢木欣一

昭和60年の俳句です。

まだまだ夏本番ですが、明日が立秋だそうで、夏の俳句の紹介は今季最後となります。

夏の最後の俳句はアレかコレか、と思っていました。
アレは適した写真が撮れず、、、コレになりました。

この写真は2009年に旧宅の玄関先で撮っていて、旧ブログには掲載済みです。
前年に庭で生まれたお母さんと、この年に生まれた子猫5匹です。
庭にはたくさん猫がいましたけれど、引き取り手を真剣に探した子猫はこの子たちが最初でした。猫に対する姿勢では過去のことは反省しきりです。

Twitterにこの子達の正面の写真を載せておきます。

親離れして鴨の子の楽しげに 沢木欣一

親離れして鴨の子の楽しげに 沢木欣一

親離れして鴨の子の楽しげに 沢木欣一

平成5年の俳句です。

欣一には、生きものの俳句が意外に多いことに、ブログで俳句のアップを始めてから気付きました。そこには、ありのままの自然が詠われています。同じものを見て、それを写真に撮りたいですが、それは中々難しいです。

この写真の風景を見ました。カルガモの親鳥と子3羽が岸に上がって休んでいました。
少し離れているカルガモの子を切り取った写真だと1羽の写真になります。
2羽の子を切り取ることも可能です。実際、そのような写真も撮りました。
しかし、そばに親鳥がいたのに無いもののようにするのは、親離れ感は強くなりますが、ある種の捏造ではないかと悩みました。

親鳥と一緒にはいるけれど、甘えていたわけでもないし、お互いの距離は感じる写真になっていると思いましたので、この家族の写真を選びました。どうでしょうか?
人間だって、同居していても、親離れは可能ですからね。

この子ガモがヒナだったときの写真は当時、Twitterにアップしています。親離れなんてしたら生きていけないときです。
大きくなったなあ、と感慨深いです。